サルトル

サルトルの名言
< Prev1Next >
われわれの自由とは、今日、自由になるために戦う自由な選択以外のなにものでもない。
自由であることは、自由であるべく呪われていることである。
私は暴力に対して一つの武器しか持っていなかった。それは暴力だ。
我々はつねに自分自身に問わなければならない。 もしみんながそうしたら、どんなことになるだろうと。
青春とは、奇妙なものだ。 外部は赤く輝いているが、内部ではなにも感じられないのだ。
人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。 でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。 一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。 あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。
人間は、時には自由であったり時には奴隷であったりすることはできないであろう。 人間は常に全面的に自由であるか、あるいは常に全面的に自由でないか、 そのいずれかである。
< Prev1Next >