アルベール・カミュ

アルベール・カミュの名言
1913年11月07日 - 1960年01月04日
『異邦人』や『シーシュポスの神話』、『ペスト』などの著作で、人間存在の不条理さに光を当て、1957年にはノーベル文学賞を受賞した。
< Prev1Next >
不滅とは未来のない観念である
貧困は僕とって必ずしも憎むべきものではなかった。 なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。
死への絶望なしに生への愛はありえない
幸福とはそれ自体が長い忍耐である。
結婚する。 まだ多少は愛したりもできる。 そして働く。 働いて働いて、そのあげく愛することを忘れてしまうのである。
< Prev1Next >