ウィリアム・サマセット・モーム

ウィリアム・サマセット・モームの名言
William Somerset MaughamWilliam Somerset Maugham / イギリス
1874年01月25日 - 1965年12月16日
イギリス人の両親のもと、フランス・パリで生まれ、その後イギリスへ転居。当初医者を目指したが、その後劇作家として成功し、心理小説、スパイ小説などを多く書いた。第一次世界大戦中はイギリス「MI6」で諜報部員として勤務、ロシア革命阻止のためにロシアへ送り込まれた。

ハワイ、サモアなど南太平洋の島々、日本及び東南アジアの国々、メキシコを訪れていて、それぞれの土地を題材にした小説も多い。シンガポールのラッフルズ・ホテルを「ラッフルズ、その名は東洋の神秘に彩られている」と絶賛し、長期滞在したことでも有名。

同じくタイの首都であるバンコクにあるザ・オリエンタル・バンコクを高く評価し、後に長期滞在しており、現在、同ホテルにはモームの名を冠したスイートルームがある。
< Prev1Next >
ぼくらは謙虚でなくちゃいけない。静かな生活の美しさを知るべきだよ。 「運命」の目にさえも気づかれないで、そっと人知れぬ一生を終えるべきなんだ。
結婚はすばらしいことだが、結婚生活という習慣をつけたことは誤りだと思う。
なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するのだろう。 賢い男は美人と結婚しないからだ。
人生とは、切符を買って軌道の上を走る車に乗る人には分からないものである。
人生とは面白いものです。 何かひとつを手放したら、それよりずっといいものがやってくるものです。
< Prev1Next >