ヘルマン・ヘッセ

ヘルマン・ヘッセの名言
Hermann HesseHermann Hesse / ドイツ
1877年07月02日 - 1962年08月09日
ドイツの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者である。風景や蝶々などの水彩画もよくし、南ドイツの風物のなかでの穏やかな人間の生き方を画いた作品群の他に、ヘッセの絵を添えた詩文集は、今でも人気がある。1946年に『ガラス玉演戯』などの作品でノーベル文学賞を受賞した。
< Prev1Next >
自分の道を進む人は、誰でも英雄です。
愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。
霧の中をさすらうことの不思議さよ!生きるということは孤独であるということだ。 どんな人も他人を知らず、だれもかれも皆ひとりだ。
人生は一頭の馬である。軽快なたくましい馬である。 人間はそれを騎手のように大胆に、しかも細心に取り扱わなければならない。
< Prev1Next >