ことわざ

ことわざ
< Prev123Next >


人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故だろうか。それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。
  • カテゴリ:ことわざ
私が死んだ時、私のために泣いてくれるというのなら、 私がまだ生きているうちに哀れんでくれ。
  • tag
  • カテゴリ:ことわざ
時間が過ぎ去って行くのではない。 われわれが過ぎ去っていくのだ。
  • tag
  • 時間
  • カテゴリ:ことわざ
神の名は無意味。世界にとって本当の神は愛なのだ。
  • カテゴリ:ことわざ
結婚生活の意は雨のようなものだ。 初めに人はこう言う。「一体、いつ降り始めたのだろうか?」 二度目の雨でこう言う。「もう雨はたくさんだ」 そして三度目の雨でこう言う。「もう、本当にあきあきした」
  • tag
  • 結婚
  • カテゴリ:ことわざ
友人はあなたのためでなく、自分の利益のために忠告する。
  • tag
  • 友情
  • カテゴリ:ことわざ
月と恋は満ちれば欠ける。
  • tag
  • 恋愛
  • カテゴリ:ことわざ
必要は老婆に跳ぶことを教える。
  • tag
  • 処世
  • カテゴリ:ことわざ
四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。
  • tag
  • 青春
  • カテゴリ:ことわざ
金がなくて恋愛結婚をすれば、楽しい夜と悲しい昼を持つ。
  • tag
  • 結婚
  • カテゴリ:ことわざ
三月の風と四月のにわか雨とが五月の花をもたらす。
  • tag
  • 人生
  • カテゴリ:ことわざ
急いで行こうと思ったら、古い道を行け。
笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生。
  • tag
  • 人生
  • カテゴリ:ことわざ
親切は社会を結びつけている黄金の鎖である。
  • カテゴリ:ことわざ
ロバが旅にでたところで馬になって帰ってくるわけじゃねえ
  • カテゴリ:ことわざ
汝が生まれたとき汝は泣き、汝の周囲の人々は喜び、 汝がこの世を去るときには汝の周囲の人々が泣き、汝のみ微笑むようにすべし。
  • tag
  • 人生
  • カテゴリ:ことわざ
法は警戒を怠らない者を助け、眠っている者を助けない。
  • カテゴリ:ことわざ
娘が三人の求婚者にいやだといってしまったら、 今度は自分から行って求婚しなければならない。
  • tag
  • 結婚
  • カテゴリ:ことわざ
翻訳は女性のようなものである。 美しければ忠実じゃないし、忠実であれば、きっと美しくない。
  • tag
  • カテゴリ:ことわざ
何も知らぬことは最も幸福である。
  • tag
  • 幸福
  • カテゴリ:ことわざ
< Prev123Next >