世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
男にほれられるような男でなければ、女にはほれられない。
  • tag
女は素晴らしい楽器である。 恋がその弓で、男がその演奏者である。
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。
  • tag
男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、 非常に不幸を感じるものである。
  • tag
男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
私は女性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、 全能の神は男性につりあうように女性を作られたのです。
  • tag
男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。
女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。 男に欠点が多ければ女は何もかも許してくれる。 我々の知性さえもだ。
  • tag
男はある女の愛人でありうるときには、その女の友人である事はない。
  • tag
この地上には、 男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
  • tag
これが男というものです。計画だけはみんな悪者ですが、 そのくせ実行となると、弱気になって、それを誠実だというのです。
  • tag
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
  • tag
どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、 その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、 自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。
  • tag
男の人って、一度女を愛したとなると、そ の女のためならなんだってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの。それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
  • tag
床の上で自分の子供の電気機関車をいじくって三十分を空費することのできる男は、 どんな男でも実際は悪い人間ではない。
  • tag
私が女より男を好きなのは、彼らが男であるからではない。 彼らが女でないからである。
  • tag
男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
< Prev123Next >