世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
  • tag
男というものは、女房が小難しいことを喋っているときより、 自分の食卓にうまい料理があるときのほうがもっと嬉しいものである。
  • tag
もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。
女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。
  • tag
恋をする男は自分の能力以上に愛されたいと願ってる人間である。
それが彼を滑稽に見せる理由である。
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
  • tag
これが男というものです。計画だけはみんな悪者ですが、 そのくせ実行となると、弱気になって、それを誠実だというのです。
  • tag
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
私は女性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、 全能の神は男性につりあうように女性を作られたのです。
  • tag
君の人生に女が入ってくる。 素晴らしいことだ。出ていってくれたらもっと幸福なのに。
  • tag
女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。 男に欠点が多ければ女は何もかも許してくれる。 我々の知性さえもだ。
  • tag
女性の愛というものは、相手に自分を捧げることによって完成され、男性の愛は相手から奪うことによって完成される。
男はある女の愛人でありうるときには、その女の友人である事はない。
  • tag
愛の舞台に上って馬鹿らしい役割を演じるのは、いつでも男だ。
  • tag
床の上で自分の子供の電気機関車をいじくって三十分を空費することのできる男は、 どんな男でも実際は悪い人間ではない。
  • tag
男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。
  • tag
男というものは……家ではまったく邪魔になります!
  • tag
芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
< Prev123Next >