世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
  • tag
どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、 その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、 自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。
  • tag
ライオンの雄にはたてがみがあり、孔雀には豪勢な羽があるが、 人間の男には三つボタンの背広しかない。
  • tag
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である
  • tag
男にほれられるような男でなければ、女にはほれられない。
  • tag
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。
  • tag
床の上で自分の子供の電気機関車をいじくって三十分を空費することのできる男は、 どんな男でも実際は悪い人間ではない。
  • tag
君の人生に女が入ってくる。 素晴らしいことだ。出ていってくれたらもっと幸福なのに。
  • tag
老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
この地上には、 男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
  • tag
男は人生を知るのが早すぎるし、女は知るのが遅すぎる。
分別のある男は女を軽く扱い、一緒に冗談を言い、歌うだけである。 重大な事については女に相談する事も任せることも決してしない。
  • tag
男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。
男というものは、女房が小難しいことを喋っているときより、 自分の食卓にうまい料理があるときのほうがもっと嬉しいものである。
  • tag
もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
男はある女の愛人でありうるときには、その女の友人である事はない。
  • tag
『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている…
だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
< Prev123Next >