世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


男はある女の愛人でありうるときには、その女の友人である事はない。
  • tag
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
男にふさわしいのは権威であり、女にふさわしいのは威厳である。
恋をする男は自分の能力以上に愛されたいと願ってる人間である。
それが彼を滑稽に見せる理由である。
君の人生に女が入ってくる。 素晴らしいことだ。出ていってくれたらもっと幸福なのに。
  • tag
私が女より男を好きなのは、彼らが男であるからではない。 彼らが女でないからである。
  • tag
四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
男というものは……家ではまったく邪魔になります!
  • tag
愛の舞台に上って馬鹿らしい役割を演じるのは、いつでも男だ。
  • tag
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である
  • tag
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。
男の人って、一度女を愛したとなると、そ の女のためならなんだってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの。それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
  • tag
これが男というものです。計画だけはみんな悪者ですが、 そのくせ実行となると、弱気になって、それを誠実だというのです。
  • tag
男にほれられるような男でなければ、女にはほれられない。
  • tag
一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが 死ぬときはもっとも孤独な死にかたをする。
  • tag
男というものはつねに女の友であることは決してありません。 他に愛する女を持っているときは別ですが。
  • tag
床の上で自分の子供の電気機関車をいじくって三十分を空費することのできる男は、 どんな男でも実際は悪い人間ではない。
  • tag
分別のある男は女を軽く扱い、一緒に冗談を言い、歌うだけである。 重大な事については女に相談する事も任せることも決してしない。
  • tag
< Prev123Next >