世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。
  • tag
老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。
男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
  • tag
君の人生に女が入ってくる。 素晴らしいことだ。出ていってくれたらもっと幸福なのに。
  • tag
この地上には、 男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
  • tag
女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。
  • tag
男の人って、一度女を愛したとなると、そ の女のためならなんだってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの。それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
  • tag
もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
  • tag
私が女より男を好きなのは、彼らが男であるからではない。 彼らが女でないからである。
  • tag
一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが 死ぬときはもっとも孤独な死にかたをする。
  • tag
男というものは、女房が小難しいことを喋っているときより、 自分の食卓にうまい料理があるときのほうがもっと嬉しいものである。
  • tag
男というものは元来多妻主義だ。 心ある女は、男の気まぐれによる過失をいつも大目に見る。
  • tag
< Prev123Next >