世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが 死ぬときはもっとも孤独な死にかたをする。
  • tag
男というものはつねに女の友であることは決してありません。 他に愛する女を持っているときは別ですが。
  • tag
自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。
  • tag
男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
  • tag
男というものは元来多妻主義だ。 心ある女は、男の気まぐれによる過失をいつも大目に見る。
  • tag
男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、 非常に不幸を感じるものである。
  • tag
女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。
  • tag
もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
女は素晴らしい楽器である。 恋がその弓で、男がその演奏者である。
男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。
  • tag
私が女より男を好きなのは、彼らが男であるからではない。 彼らが女でないからである。
  • tag
四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。 男に欠点が多ければ女は何もかも許してくれる。 我々の知性さえもだ。
  • tag
ライオンの雄にはたてがみがあり、孔雀には豪勢な羽があるが、 人間の男には三つボタンの背広しかない。
  • tag
この地上には、 男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
  • tag
男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。
< Prev123Next >