世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、 非常に不幸を感じるものである。
  • tag
男は人生を知るのが早すぎるし、女は知るのが遅すぎる。
男にふさわしいのは権威であり、女にふさわしいのは威厳である。
情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女に夢中になるものだ。
  • tag
男というものはつねに女の友であることは決してありません。 他に愛する女を持っているときは別ですが。
  • tag
老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。
男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。
男にほれられるような男でなければ、女にはほれられない。
  • tag
男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。
  • tag
女がいなかったら、男は神のように生きていくだろう。
  • tag
女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。
  • tag
男の人生にはいくつかの節目がある。 童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔。
男というものは、女房が小難しいことを喋っているときより、 自分の食卓にうまい料理があるときのほうがもっと嬉しいものである。
  • tag
芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
  • tag
どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、 その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、 自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。
  • tag
男というものは……家ではまったく邪魔になります!
  • tag
女性の愛というものは、相手に自分を捧げることによって完成され、男性の愛は相手から奪うことによって完成される。
< Prev123Next >