世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


分別のある男は女を軽く扱い、一緒に冗談を言い、歌うだけである。 重大な事については女に相談する事も任せることも決してしない。
  • tag
男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。
  • tag
男にほれられるような男でなければ、女にはほれられない。
  • tag
男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。 たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛しつづけるってことよ。
自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。
女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。
  • tag
男は人生を知るのが早すぎるし、女は知るのが遅すぎる。
私は女性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、 全能の神は男性につりあうように女性を作られたのです。
  • tag
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、 女の世界全体をいい加減に判断している。
  • tag
男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。
  • tag
男はある女の愛人でありうるときには、その女の友人である事はない。
  • tag
男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。
ライオンの雄にはたてがみがあり、孔雀には豪勢な羽があるが、 人間の男には三つボタンの背広しかない。
  • tag
男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
  • tag
男というものは元来多妻主義だ。 心ある女は、男の気まぐれによる過失をいつも大目に見る。
  • tag
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である
  • tag
男というものは……家ではまったく邪魔になります!
  • tag
どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、 その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、 自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。
  • tag
もう一日くらい待ったなら、 自分の婚約者よりももっと好みに合った 理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。 どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
  • tag
< Prev123Next >