世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、 非常に不幸を感じるものである。
  • tag
四十歳をすぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。
  • tag
女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。 男に欠点が多ければ女は何もかも許してくれる。 我々の知性さえもだ。
  • tag
分別のある男は女を軽く扱い、一緒に冗談を言い、歌うだけである。 重大な事については女に相談する事も任せることも決してしない。
  • tag
恋をする男は自分の能力以上に愛されたいと願ってる人間である。
それが彼を滑稽に見せる理由である。
男にふさわしいのは権威であり、女にふさわしいのは威厳である。
芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。
男というものは自分の愛している女を憎み、どうでもよい女を愛するものだ。
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である
  • tag
女は素晴らしい楽器である。 恋がその弓で、男がその演奏者である。
男というものは……家ではまったく邪魔になります!
  • tag
情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女に夢中になるものだ。
  • tag
女がいなかったら、男は神のように生きていくだろう。
  • tag
老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。
自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
  • tag
男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。
  • tag
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
  • tag
男というものは元来多妻主義だ。 心ある女は、男の気まぐれによる過失をいつも大目に見る。
  • tag
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。
  • tag
どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、 その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、 自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。
  • tag
< Prev123Next >