青春

世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


青年よ、大志を抱け! それは金銭に対してでも、自己の利益に対してでもなく、 また世の人間が名声と呼ぶあのむなしいものに対してでもない。 人間が人間として備えていなければならぬ、あらゆることをなし遂げるため、 青年よ大志を抱け。
青春は単なる人生の花盛りではなく、 来るべき結実の秋への準備の季節である。
  • tag
  • 青春
年をとってから暖まりたいものは、 若いうちに暖炉を作っておかなければならない。
若いころは希望の火が赤々と燃えていた。 歳をとると口火がついているだけで幸せだ。
どんなに暑い陽が照りつけていても、ポケットに十円しかなくても、 僕は輝かしい気持ちで生きている。
  • tag
  • 青春
四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。
大人とは、裏切られた青年の姿である。
  • tag
  • 青春
私も青春のことを懐かしみ、若い人を羨むことがあるが、 しかし、もう一度若くなって世の中を渡ってこなければならぬと思うと、 何よりも先に煩わしい思いがする。
  • tag
  • 青春
青春時代にさまざまな愚かさを持たなかった人間は、 中年になってからなんの力も持たないだろう。
  • tag
  • 青春
青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方を言う。
  • tag
  • 青春
十六歳で美しいのは自慢にはならない。 でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ。
青年にすすめたいことは、ただ三語につきる。 すなわち働け、もっと働け、あくまで働け。
  • tag
  • 青春
「青春が楽しい」というのは迷想である。 青春を失った人達の迷想である。
  • tag
  • 青春
人は十五歳の時たくさんいろいろな事を考える。 そして人生の問題を殆ど発見する。 その後は、それに慣れて、だんだんにそれを忘れていく。
  • tag
  • 青春
老人はあらゆる事を信じる。 中年はあらゆる事を疑う。 青年はあらゆる事を知っている。
  • tag
  • 青春
二十歳のときに詩人であるものは、詩人ではなく、ただの人間にすぎない。 二十歳を過ぎて詩人であれば、そのときかれは詩人である。
  • tag
  • 青春
もし私が神だったら、 私は青春を人生の終わりにおいただろう。
  • tag
  • 青春
青春の失策は、壮年の勝利や老年の成功よりも好ましいものだ。
  • tag
  • 青春
大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、 天真爛漫のつもりでいる。
  • tag
  • 青春
一般に青年が主張する内容は正しくない。 しかし、青年がそれを主張するそのこと自体は正しい。
  • tag
  • 青春
< Prev123Next >