失恋

世界中の名言を集めました
< Prev123Next >


自分の全生命を女の愛というカードに賭けた男が、 このカードが殺された時、 がっくりとなって何事も手につかないほど放心してしまうようなら、 そんな人間は――男ではなく、ただのオスである。
  • tag
  • 失恋
恋をするとだれでも自分を欺くことから始まり、 他人を欺くことで終わるのがつねである。 これが世の、いわゆるロマンスである。
  • tag
  • 失恋
失恋すると、5年後に素晴らしい事が起こります。 エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、 葉巻をくゆらせながら 「ずいぶん長いこと会わなかったね」なんて言ってたりするの。
  • tag
  • 失恋
恋とは巨大な矛盾であります。 それなくしては生きられず、しかもそれによって傷つく。
男は別れの言い方が分からない。 女はそれを言うべき時が分からない。
  • tag
  • 失恋
朝起きる時は「今日も会えないだろう」と思い、 寝る時には「今日も会えなかった」と思うのです。 長い長い毎日に、幸福な時は片時もありません。 全ては物足りなさ、全ては後悔、全ては絶望です。
  • tag
  • 失恋
恋の火は、ときとして友情の灰を残す。
与えようとばかりして、もらおうとしなかった。 なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。 ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。
  • tag
  • 失恋
二人の間に恋がなくなったとき、 愛し愛された昔を恥ずかしく思わない人はほとんどいない
  • tag
  • 失恋
彼女たちが私たちを愛しているとき、 彼女たちが愛しているのは本当は私たちではない。 しかし、ある朝、彼女たちがもはや愛さなくなるのは、 確かに私たちである。
  • tag
  • 失恋
体が重いと足跡も深くなる。恋心も強いと傷が深い。
男との愛は、情緒ではなく幻想だ。
  • tag
  • 失恋
過ぎ去った恋の思い出は、 それが強く記憶にとどまっている時には、 恋をしていた時にも劣らず魂を奪うものである。
  • tag
  • 失恋
彼は私の北であり、南であり、西であり、東であった。 私の出勤日であり、日曜の休息であった。 私の正午であり、真夜中であり、 私のおしゃべりであり、私の歌であった。 あの愛が永遠に続くと思ったけれど、私は間違っていた。
  • tag
  • 失恋
恋わずらいの人は、ある種の病人のように自分自身が医者になる。 苦悩の原因をなした相手から癒してもらえることはないのだから、 結局は、その苦悩の中に薬を見出すのである。
  • tag
  • 失恋
恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、 そこで初めて味がつくような気がするね。
  • tag
  • 失恋
女と別れるごとに、自分の中でなにかが死ぬのを感じた。
  • tag
  • 失恋
深く愛していたものを憎むことはなかなかできない。 火は消し方が悪いと、まもなく、また燃え上がる。
  • tag
  • 失恋
短く笑って、長く泣く。それが恋の習いだ。
失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をするはずだから。
  • tag
  • 失恋
< Prev123Next >