ラルフ・ワルド・エマーソン

ラルフ・ワルド・エマーソンの名言
Ralph Waldo EmersonRalph Waldo Emerson / アメリカ合衆国
1803年05月25日 - 1882年04月27日
ラルフ・ウォルド・エマーソン、ラルフ・ウォルドー・エマーソン、ラルフ・ワルド・エマソン、とも呼ばれる。 英語では、エマーソンのエにアクセントがあり、エマソンに近くなる。
アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれる。 18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。 その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師になる。

ピューリタニズムとドイツ理想主義の流れをくみ、超絶主義を唱えた。
代表作「自然論」「エッセイ集」「偉人論」など。
< Prev12Next >
悪い人々にたいする非難や拒絶によって自分を浪費することがないように。むしろ善き人々の美徳を称えよう。
小中学校で教えられることは教育ではない。教育の手段である。
真実は疑いなく美しい。しかし、嘘もまた同様である。
いかなる英雄も最後にはうんざりさせられる。
もっとも高度な文明においても、読書はやはり最大の喜びである。一度その満足を知った者は、不幸の中でもその満足を得る。
行動に際して、あまりに臆病になったり神経質になることがないように。すべての人生が実験なのだ。実験すればするほどうまくいく。
なんのために人間は裕福でなければならないのか? なんのために彼には高価な馬が、立派な服が、美しい部屋が、 公共の娯楽場に入場する権利が必要なのか? すべてはこれは思考の欠如からきている。 こうした人々に、思考の内的な仕事を与えよ。 さすれば彼は、もっとも冨裕な人々よりも幸福になるだろう。
人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。 自分自身の中にそれを左右するカギがある。
今日では世の中の動きがあまりに早すぎて、できないという言葉はそれを為す人によって中断される。
愚痴はどんなに高尚な内容でも、また、いかなる理由であっても決して役には立たない
世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。
貧しさは貧しいと感じるところにある。
君があまりに大きな声でわめき立てるので、私は君の言うことが聞き取れない。
どんな芸術家でも最初は素人だった。
軽薄な人間は運勢を信じ、強者は因果関係を信じる
もし人間の精神が理解できるほど単純なのであれば、人間はあまりに単純なためにそれを理解できないだろう。
私は引用が嫌いだ。君の知っていることを話してくれ。
I hate quotations. Tell me what you know.
あらゆる借金の中で人々は税金を一番払いたがらない。 これは政府に対するなんという諷刺であろうか。
我々は一人で世の中を歩いている。 我々が望むような友情は夢であり、寓話である。
当人が偉大になればいい。そうすれば恋のほうから必ずあとについてくる。
< Prev12Next >