世界中の名言を集めました
< Prev1234567Next >


お前が死んでも何も変わらない。 だが、お前が生きて、変わるものもある。
どのみち死なねばならぬなら、 私は、なっとくして死にたいのだ。
  • tag
我々が誕生を喜び、葬式を悲しむのは何故か? 我々がその当人でないからだ。
  • tag
人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、 自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。
墓場は、一番安上がりの宿屋である。
  • tag
人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ。
  • tag
生きたいと思わねばならない。 そして死ぬことを知らねばならない。
  • tag
最初の呼吸が死の始めである。
  • tag
死者にたいする最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。
  • tag
私が死んだとき、一匹の蝿がうなるのを聞いた。 部屋の中の静寂は、嵐の高まりの間の大気の静寂のようだった。
  • tag
死ぬということは、生きているよりいやなことです。 けれども、喜んで死ぬことが出来れば、くだらなく生きているよりは幸福なことです。
  • tag
死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。
  • tag
死は生の対極としてではなく、その一部として存在する。
  • tag
眠い人が眠るように、 瀕死の人は死を必要としているのです。 抵抗が間違いで無駄だというときが、いずれきますよ。
  • tag
私は生きているときに、死以外のあらゆるものに対して備えをしていた。 今、私は死なねばならぬ。そして、まだなんの備えもない。
  • tag
我々は、大人も子供も、利口も馬鹿も、貧者も富者も、 死においては平等である。
  • tag
昨日まで人のことかと思いしがおれが死ぬのかそれはたまらん
  • tag
死ぬなら楽に死ぬ。 苦しむなら治る。 どっちかにしてもらいたい。 苦しんだ上に死ぬなんて理屈に合わぬ。
  • tag
人間は、死ぬことを密かに望んだので戦争をしたのである。 自己保存の要求は極めて深いものかもしれないが、死への欲情はさらに深い。
人間はまだ十分に幸福ではなかったからこそ死を恐れるのである。 最高の幸福に恵まれれば、すぐに死にたいと思う。
  • tag
< Prev1234567Next >