ウィリアム・シェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピアの名言
William ShakespeareWilliam Shakespeare / イギリス
1564年04月26日 - 1616年04月23日
< Prev12Next >
世の中には福も禍もない。ただ考え方でどうにでもなるのだ。
過去と未来は最高によく思える。 現在の事柄は最高に悪い。
臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、 勇者は一度しか死を経験しない。
「今が最悪の状態」と言える間は、 まだ最悪の状態ではない。
本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、 真実の恋は滑らかに運んだためしがない。
世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。
友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる。
終わり良ければすべて良し。
人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、 悲しみを和らげられる。
成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。
生きるべきか、死すべきか。それが疑問だ。
To be, or not to be : that is the question.
われわれの人生は織り糸で織られているが、良い糸も悪い糸も混じっている。
世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるのだ。
金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる。
男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。
誠の恋をするものは、みな一目で恋をする。
ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。
人間一度しか死ぬことはできない。
あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに面倒になる。 それでもありがたいとは思うがね。
友情は多くは見せかけであり、恋は多くの愚かさにすぎない。
< Prev12Next >