レフ・トルストイ

レフ・トルストイの名言
Lev Nikorajevich TolstojLev Nikorajevich Tolstoj / ロシア
1828年09月09日 - 1910年11月20日
レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:Лев Николаевич Толстой)
代表作は、『アンナ・カレーニナ』、『戦争と平和』、『人生読本』など。平和主義者としても知られる。ロシア文学と政治の両方に大きな影響を与えた。19世紀を代表する小説家のひとりである。また時間論に関し、「過去も未来も存在せず、あるのは現在と言う瞬間だけだ」という言葉を残した。
< Prev1Next >
術は技芸ではなく、芸術家が体験した感情の伝達である。
幸福な家庭の顔はお互い似かよっているが、 不幸な家庭の顔はどれもこれも違っている。
過去も未来も存在せず、あるのは現在と言う瞬間だけだ
愛は惜しみなく与う。
私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、 もうダメだ、と思います。 しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです。 生命のある間は幸福があります。
ああ、金、金! この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか!
流れ進むのはわれわれであって、時ではない。
神のもとには大きなものも小さなものもありはしません。
人生においてもまた、大きなものも小さなものもありはしません。
あるものはただ、まっすぐなものと曲がったものだけです。
神は人間に額に汗して働けと命じている。 銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。
人間が幸福であるために避けることのできない条件は勤労である。
死の恐怖は、解決されない生の矛盾の意識にすぎない。
真実を語るのは実にむずかしい。青年でそれをできる者はまれである。
人間を自由にできるのは、人間の理性だけである。 人間の生活は、理性を失えば失うほどますます不自由になる。
多くの女性を愛した人間よりも、 たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、 はるかに深く女というものを知っている。
十人十色というからには、 心の数だけ恋の種類があってもいいんじゃないかしら。
急いで結婚する必要はない。 結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。
< Prev1Next >