投票は各名言の詳細ページから行えます。

名言ランキング

投票数順に並んでいます


もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。 けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ。
あの人が私を愛してから、 自分が自分にとってどれほど価値のあるものになったことだろう。
賢くなろうとして本や黒板に教えを乞うてはならない。 天と地と林と木の葉とは、本当に子供らを賢くするであろう。
十二才の時のような友達はもう二度できない……もう二度と…。
恋愛はただ性欲の詩的表現をうけたものである。
人間として最大の美徳は、上手に金をかき集めることである。 つまり、どんなことがあっても他人の厄介になるなということだ。
ダイヤモンドの行商人がらってきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ。 俺らが欲しいのは今だけです。
昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう
Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.
正しいという字は「一つ」「止まる」と書きます。「どうか一つ止まって判断できる人になって下さい
死のことは考えるに及ばない。 死は我々が手を貸さなくても我々のことを考えてくれているのだから。
成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。
「結婚を考えたことはないのか」 「あるさ。でも考えるのとするのは違う」
真の友情は、前と後ろ、どちらから見ても同じもの。 前から見ればバラ、後ろから見ればトゲなどというものではない。
楽しく生きていきたいなら、 与えるための袋と、受け取るために袋を持って行け。
恋をすると頭に火がついて、 それが身体中かけめぐって爪先まで下りて耳鳴りが残る。
死を恐れないのと、死にたいというのは違う。
私の疲れた心よ。生きるということはなんと困難なことだろうか。
生は永久の闘いである。 自然との闘い、社会との闘い、他との闘い、永久に解決のない闘いである。 闘え。闘いは生の花である。
青春は短い。宝石の如くにしてそれを惜しめ。
本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。 真実をより真実らしく見せるためには、どうしてもそれに嘘を混ぜる必要がある。 だから人間はつねにそうしてきたものだ。